放射能分析のご案内


 山北調査設計株式会社は、地元福島県の企業として放射能汚染を深く憂慮し、福島の子ども達の未来のために何ができるかを考え、放射能測定を開始しました。水、土、農作物などの試料中に含まれる放射性物質の量(ベクレル:Bq)を核種ごとに測定いたします。


PDFデータが開きます






 



分解能が高く、高精度に核種別の定量が可能。
より精密な分析結果を得られます。

*学術分析または実証実験等に適しています

 ・測定核種 : ヨウ素131、セシウム134,136,137
 ・検出限界 : 10Bq/kg




 



検出器感度が高く、短時間で測定可能。
安心・安全の確認にご活用ください。


*一般的な食品等の分析に適しています

 ・測定核種 : ヨウ素131、セシウム134,137
 ・検出限界 : 10Bq/kg
 



測定検出器を現場に搬入し、
その場で放射能測定分析いたします。

*現場状況、測定日時を確認いたしますので
 事前にお問い合わせください。


 ・測定核種 : ヨウ素131、セシウム134,137
 ・検出限界 : 10Bq/kg (測定環境による)





 ≪精密分析≫≪標準分析≫≪移動分析≫
測定方法ゲルマニウム半導体検出器による
ガンマ線スペクトロメトリー
NaI(Tl)シンチレーション検出器による
ガンマ線スペクトロメトリー
測定核種・ ヨウ素 131
   (l-131)
・ セシウム 134,136,137
   (Cs-134,136,137)
・ ヨウ素 131
   (l-131)
・ セシウム 134,137
   (Cs-134,137)
検出限界値10Bq/kg または L   ※移動分析は測定環境によります
測定対象水質,土壌,食品 ※特殊な試料についてはお問い合わせ下さい
測定料金
(税抜)
1検体 ¥20,0001検体 ¥10,000別途御見積
*土壌に水分補正が必要な場合、別途3,000円が加算されます。

*その他オプション   ※金額はご相談ください。
   ・試料採取費(写真撮影含む) … 1検体5試料
   ・農地様式報告書作成

*現場での分析は、現場状況により異なるため、別途御見積いたします。
必要な
試料の量
 ・水質 : 3L
 ・土壌 : 3kg
 ・食品 : 2kg

 ・水質 : 1L
 ・土壌 : 1kg
 ・食品 : 1kg

*水質
  採取する水で容器(ポリ容器またはペットボトル)を2回程度洗浄し、
  採取容器を満水にしてください。

*土壌
  測定の目的に合った深さで採取し、大きな塊や石などを取り除き、
  ビニール袋へ入れてお持ちください。

*食品
  根や土を取り除くなど、希望される状態でお持ちください。





 月〜金(祝日を除く) 午前9時〜午後3時



 試料お預かり後、標準分析は当日または翌日、精密分析は約一週間後に、ご連絡をいたします。混雑具合により前後しますので、あらかじめご了承下さい。
 測定料金は、ご依頼時に受付窓口にてお支払い下さい。



 試料表面の放射線量が高い試料(表面線量10μSv/h以上)は、受け入れできません。
 水質以外の試料、また測定値が高い試料は、測定後ご返却いたします。









Copyright (C) Yamakita Chosa Sekkei Co., Ltd. All Rights Reserved.

※これより下の広告は、当社とは関係ございません。