放射線量の広域測定・マップ作成


 子ども達の通学路・遊び場など、日常生活範囲における放射線量の詳細マップを、また、学校施設広場や町内会などの除染作業の手順資料など、効率よく作業が行えるための地図を作成します。


※こちらはデモ画面になります


★測定器が携帯型であるため、狭い場所においても測定可能!

★車に搭載しながら移動測定ができるため、広範囲で測定可能!

★放射線物質測定時において、測定位置を人工衛星で把握するため、

 詳細地図のないところでも概略地図上に示すことが可能!




 3"×2" NaI (シンチレーション)による大型検出器

 当測定機器は、軍や警察、国境警備、税関などの核物質を監視する場所で、放射性物質の検出サーチ、同定を可能にしている装置です。
この装置を利用して、放射線量を測定した数値と位置を示した地図を作成します。



 ガンマ:0.001μSv/h〜10mSv/h



 放射線測定および地図作成費用は、調査範囲(面積と測定密度)により算出いたします。



 ・基本情報一覧表(測定日・測定時刻・測定日の天候、気温・測定高さなど)
 ・測定データ一覧表
 ・測定マップ 1枚



 ・マップ追加出力(A1版)…1枚¥8,000

 ・電子データ及びマップ表示プログラム…1セット¥20,000
  ご自身のPC上でマップ表示できます。(使用条件:インターネット及びGoogle Earth)

 ・補間測定
  1点¥100より。測定距離・地点数に応じて、別途見積となります。




Copyright (C) Yamakita Chosa Sekkei Co., Ltd. All Rights Reserved.

※これより下の広告は、当社とは関係ございません。