×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。













ほほえみ小鉢 概要




ご提供のご案内

 「ほほえみ小鉢」 は、地域企業から排出される古紙を材料として、心身に障がいを持つ方々が自身の自立を目指し、社会貢献のために一つ一つ製作された 紙製の植木鉢 です。
 円柱、六角、小鉢、中鉢、大鉢と5種類ございます。







   科学的な凝固剤(つなぎ)を一切使わず、材料の紙と水だけで作られています。
   小さなお子様からお年寄りまで安心・安全にお使いいただけます。



   埋めれば地中で分解され、最終的に土に還ります。環境に優しい製品です!
   二酸化炭素(CO2)削減については下記をご覧ください。



   古紙はシュレッダーで細かく裁断するため、情報がもれる心配はありません。
   さらに資源をリサイクルで有効活用できるので、人にも環境にも良いことづくし!



   小鉢は心身に障がいをもつ方々による手作りです。
   1つ購入するだけで、社会貢献と自立を目指す授産施設の皆さんを支援できるのです。











 「ほほえみ小鉢」の大鉢(4号サイズ)を一つ作るには、A4コピー用紙で約40枚分が必要です。これを燃やしてしまうと、128g-CO2、サッカーボールに換算して約13個分の二酸化炭素(CO2)が排出されます。
 一方、杉の木(※)が一年間で吸収する二酸化炭素の量は、約14kg-CO2(=14,000g-CO2)です。これは、「ほほえみ小鉢」の大鉢で約110個分と同じ量となります。
 しかし、「ほほえみ小鉢」大鉢一個を土に埋めれば、エアコンを暖房で6時間節約した時と同じくらいのCO2を削減することができます。
 
 ※50年杉、高さが約20〜30mの場合
 




 平成21年4月より、 うつくしま、エコ・リサイクル製品認定制度 にて
福島県より認定をいただいております。(認定番号:20−52)

 「うつくしま、エコ・リサイクル製品認定制度」とは、廃棄物等の有効利用とリサイクル産業の育成を図るため、主として県内で生じた廃棄物等を利用して製造された優良な製品を県が認定し、利用を推進する制度です。
 (※福島県ホームページより引用)

 制度の詳細につきましては、以下の福島県のホームページをご参照ください。
   ⇒ 福島県 / うつくしま、エコ・リサイクル製品情報






Copyright (C) Yamakita Chosa Sekkei Co., Ltd. All Rights Reserved.

※これより下の広告は、当社とは関係ございません。